お悔やみへのお礼

拝復 このたび父の永眠に際しましてはご懇篤なる弔詞を賜り、そのうえ多分のご香典までいただき、ご芳情のほどありがたく厚く御礼申し上げます。

家族一同助け合いながら生きていくことが亡き父に対するせめてもの供養と存じます。

生前からのご厚情を故人に代わりましてお礼申し上げますとともに、今後とも故人同様よろしくご指導ご鞭撻いただきますようお願い申し上げます。

敬具

タグ

依頼書・催促書の書き方のポイント

●依頼書・催促書の書き方のポイント

〜依頼の内容に魅力をもたせる〜

依頼書・催促書というのは相手方の意欲を促すのが目的です。ですので、それなりに依頼・招待する物事の内容について、魅力を感じさせるような書き方をすることが必要です。一方的に書いたのでは、相手の反感を買ってしまいます。

●依頼書・催促書の書き方のポイント

〜相手方をたてる〜

依頼書・催促書では、まず相手方の社会的地位や知名度などに尊重したうえで、ぜひ当方の行事や催しに賛同して欲しい旨を強調する書き方をしましょう。

●依頼書・催促書の書き方のポイント

〜任意にまかせる〜

強引な押しつけや、一方的に促すような書き方は禁物です。あくまでも低姿勢で相手方の任意にまかせるような書き方を心がけましょう。

タグ

1 / 212

このページの先頭へ