初節句のお祝いへのお礼

拝啓 ひと雨ごとに春めいてまいりました。

皆様にはお健やかにお過ごしのご様子、何よりと存じます。

本日は、長男太郎の初節句に、ご丁寧なお祝いのお手紙に立派な若武者人形まで頂戴し、まことにありがとうございました。お人形は、さっそく飾らせていただきました。

いつも太郎のことをお心にとめていただき、深く感謝いたしております。

おかげさまで、太郎は病気ひとつせず、元気に育っております。最近は、つかまり立ちを始め、部屋のあちこちを動きまわるようになりました。どうぞわんぱくぶりをご笑覧ください。

気候不順の折から、どうかご自愛のほど、お祈り申し上げます。

まずは、書中にて御礼申し上げます。
敬具

タグ

6月の挨拶

6月の慣用句

入梅の候、お変わりなくお過ごしでしょうか(折、みぎり。以下も同じ)
梅雨の候、お変わりなくご活躍とのこと、お喜び申し上げます。
そろそろ梅雨入りも近いようですが、いかがお過ごしでしょうか。
長雨が続きますが、ご壮健でお過ごしのことと存じます。
今年の空梅雨ぎみの、暑い日が続いております。お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。
梅雨寒の毎日ですが、皆様お健やかにお過ごしでいらっしゃいますか。

6月の結びの言葉

時節柄、お元気でお過ごしくださいますようお祈り申し上げます。
梅雨寒の日もめぐってまいります。くれぐれも風邪などめされませんよう、ご自愛専一に。
季梅雨の時期は冷える日もございます。お風邪などめされませんように。
梅雨明けまでもうしばらくかかりそうです。どうぞお体にお気をつけて。
心ふさぐような梅雨空ですが、何卒、お心お健やかにお暮らしください。
蒸し暑い日が続きます。本格的な夏をひかえて、くれぐれもご自愛くださいますよう、祈り上げます。

タグ

このページの先頭へ