訪問を忘れてしまったお詫び

本日は、せっかくお差し繰りくださったにもかかわらずお約束を違えてしまい、まことに申し訳ございませんでした。深くお詫び申し上げます。

本日のことはカレンダーに印をつけておいたつもりでしたが、軽率にも、一週間誤っていたのです。理由にもならない理由でご迷惑をおかけすることになり、恥ずかしくてしかたありません。お許しを願うばかりです。

このようなご迷惑をおかけしておきながら申し上げにくいのでございますが、再度、お訪ねする機会をお与えくださること、かないますでしょうか。恥を忍んでお伺い申し上げます。ご都合のいかんに関わらず、お返事をいただくだけでもうれしく存じます。なにとぞご高配を賜りますようお願い申し上げます。

とり急ぎ、お詫びかたがた厚かましいお願いを申し上げます。

かしこ

タグ

会社創立記念パーティーに招待する

謹啓

新緑の候、いよいよご清栄の段、大慶に存じます。

さて、かねてよりご支援をいただいております弊社におきましては、このたび創業三十周年を迎えることに相成りました。社員五名から出発いたしまして、おかげさまで今日、○○業界では大手といっていただくまでに成長いたしました。これもひとえに皆様方のご厚情の賜物と深謝申し上げます。

今後も、社員一同、創業時の精神を忘れず、一途に精進に励む所存でございますので、よろしくご指導、ご鞭撻のほど願います。

つきましては、創立記念式典と心ばかりの祝宴を開催いたしますので、ご多用中恐縮ですが、なにとぞご来臨賜りますようお願い申し上げます。

謹白

一、日時 平成○年○月○日(土) 正午〜三時
一、会場 「○○ホテル」 華の間
一、ご出欠のお返事 同封のはがきにて○日までにご出欠のお返事を賜りますよう、お願いいたします。

タグ

このページの先頭へ