借金を依頼する

拝啓

いよいよ春たけなわとなってまいりましたが、皆様にはお変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。わが家はみな元気に暮らしておりますので、ご安心ください。

本日はお義兄様に折り入ってご用立てのお願いがございまして、ペンをとりました。

かねてより私たちの住まいを探しておりましたが、このたび希望にぴったりの物件が見つかりました。頭金として、あと○○百万円あれば、後々の返済が無理なくできそうなのです。まことに勝手なお願いで申し訳ございませんが、なにがしかご用立ていただけないでしょうか。来年末には満期になる保険がありますので、それで返済させていただくつもりです。この手紙が届きます頃にお電話させていただきますので、よろしくお願いいたします。

末筆ながらお姉さまにもくれぐれもよろしくとお伝えくださいませ。

かしこ

タグ

餞別へのお礼

拝啓 早春の候、皆様にはますますご健勝のことと、およろこび申し上げます。

さて、このたび私の○○支店転任に際しましては、温かいお励ましのお言葉をいただきましたうえ、過分なるお心遣いをたまわり、厚く御礼申し上げます。また、△△支店在勤中は、ひとかたならぬご高配にあずかり、まことにありがとうございました。

おかげさまで、昨日より無事○○支店に着任いたしました。これまでたまわりました課長のご教示、ご指導を胸に、精一杯努力する所存でおります。こちらにお越しの際には、ぜひご一報いただけますようお待ち申しております。

今後ともよろしくご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

末筆ながら奥様にもくれぐれもよろしくお伝えください。

気候の変わり目ゆえ、ご自愛のほど願います。

まずは書中をもちまして、御礼申し上げます。

敬具

タグ

1 / 212

このページの先頭へ