身元保証人を依頼する

拝啓

日ごとに春めいてまいりますこの頃、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

さて、突然にて恐縮ですが、長女○○の就職に際し、身元引受人をお引き受け願いたく、筆をとらせていただきました。

現在、○○は東京大学の4回生ですが、このたび○○会社への就職が決まり、四月より勤務することとなりました。入社にあたりまして、都内在住の身元引受人が必要となり、はなはだご迷惑かとは存じますが、謹んで○○様にお願いする次第です。

○○様も○○の性格をご存知と思いますが、万が一にもご迷惑をおかけするようなことはございません。

ご承諾いただけますれば、○○を連れてご挨拶にお伺いする所存です。

書面にて失礼ながら、まずはお願いまで申し上げます。

敬具

タグ

講演の依頼書

拝啓

秋涼の候、○○先生にはますますご隆昌のこととお喜び申し上げます。

突然に一面識もございませんのにお手紙を差し上げる非礼をお許しください。

私どもは、「○○研究会」という団体ですが、このたびこれまでの研究成果をまとめた総会を開催する予定でございます。

つきましては○○の専門家としてご活躍されておられる先生に、総会当日ご講演を賜りたくお願い申し上げる次第です。

日時は先生のご都合を伺ってから決めたいと考えております。

近日中にお電話差し上げますが、何卒ご承諾いただきたく存じます。

まずは書中にてお願い申し上げます。

敬具

タグ

このページの先頭へ