栄転祝いへのお礼

拝啓 仲春の候、いよいよご壮健のことと存じます。  このたびは、私の大阪支店転任に際し、温かいお心遣いをいただきまして、まことにありがとうございました。

また名古屋支店在勤中は、公私にわたり大変お世話になりまして、厚く御礼申し上げます。

おかげさまで、四月一日をもちまして、無事に新しい職場に着任いたしました。これからは新たなる決意のもと、大いに努力する覚悟です。

当地にご出張の際には、ぜひご一報ください。それまでには、大阪を案内できるようにしておきます。

今後とも、従来に増してのご厚情をよろしくお願い申し上げます。

まずは、とり急ぎ御礼まで。

敬具

タグ

4月の挨拶

●慣用句

陽春の候(折、みぎり。以下も同じ)
春暖の候
仲春の候
春爛漫の候
春風駘蕩の候
桜花の候
清和の候

●書き出しの言葉

春暖の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
陽春のみぎり、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
春爛漫のみぎり、ご清栄のこととお喜び申し上げます。
春の気配もようやく整い、心浮き立つ今日この頃、お変わりなくご活躍のこととお喜び申しし上げます。
桜の花も咲きそろい、心躍る頃となりました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
春風のさわやかな季節を迎え、皆様お健やかにお過ごしのことと思います。

●結びの言葉

花冷えの季節、どうか体調をくずされませんように。
天候定まらぬ季節でございます。ご自愛専一に。
花どきは気候も不安定ですので、お体を大切に。
春はなにかと体調を崩しやすい季節でございます。お気をつけください。
春爛漫を満喫なさって、ご活躍のほど、祈り上げます。

タグ

このページの先頭へ