服喪中に年賀状を出した場合の詫び状

 先日はご服喪中とは知らず、賀状を差し上げてしまいまして、まことに失礼いたしました。

 故○○様には私の大阪支店時代に大変お世話になりましたが、転勤してからはすっかりご無沙汰しておりました。お世話になったころの姿が昨日のことのようにしのばれ、突然のご不幸が信じられません。

 ここに○○様のご冥福をお祈りいたしますとともに、寒さが厳しい折、皆さま方にはお体にご留意なさいますようお祈り申し上げます。

○○株式会社
取締役社長 ○○○○
大阪府○○区○○町○—○○
06-111-1111


ポイント
・頭語や前文は省き、まず非礼を詫びます。
・故人と自分との関係を述べてから「ご冥福をお祈りします」と書き添えます。
・故人のご冥福を祈るだけでなく、遺族の方々にも配慮した言葉をつけ加えます。

タグ

栄転祝いへのお礼

拝啓 仲春の候、いよいよご壮健のことと存じます。  このたびは、私の大阪支店転任に際し、温かいお心遣いをいただきまして、まことにありがとうございました。

また名古屋支店在勤中は、公私にわたり大変お世話になりまして、厚く御礼申し上げます。

おかげさまで、四月一日をもちまして、無事に新しい職場に着任いたしました。これからは新たなる決意のもと、大いに努力する覚悟です。

当地にご出張の際には、ぜひご一報ください。それまでには、大阪を案内できるようにしておきます。

今後とも、従来に増してのご厚情をよろしくお願い申し上げます。

まずは、とり急ぎ御礼まで。

敬具

タグ

このページの先頭へ