喪中欠礼の例文2

今年三月に
祖父が他界しましたの
新年のご挨拶を
欠礼致します
年の瀬を迎え
一層のご自愛のほど
お祈り申し上げます

平成○年○月

〒111-1111 東京都府中市○○区○○町1-11-1
鈴木 一郎

タグ

年末の挨拶

書き出しの言葉

年の瀬も迫ってまいりました。ご壮健でいらっしゃいますか。
今年ももう数えるほどになりました。お元気で年末をお迎えのことと存じます。
迎春のご準備にご多忙な毎日と拝察いたします。
皆様お揃いで、お健やかな年の暮れをオ向けのこととお喜び申し上げます。

結びの言葉

本年中はいろいろとおせわになりました。ありがとうございました。明年もどうか宜しくお願い申し上げます。
皆様お揃いで、おだやかなよい新年をお迎えになられますよう、お祈り申し上げます。
今年一年の心からの感謝を込めて、一筆申し上げました。お元気で新春を迎えられますように。
今年一年の感謝を込め、まずはご挨拶まで。

タグ

このページの先頭へ