服喪中に年賀状を出した場合の詫び状

 先日はご服喪中とは知らず、賀状を差し上げてしまいまして、まことに失礼いたしました。

 故○○様には私の大阪支店時代に大変お世話になりましたが、転勤してからはすっかりご無沙汰しておりました。お世話になったころの姿が昨日のことのようにしのばれ、突然のご不幸が信じられません。

 ここに○○様のご冥福をお祈りいたしますとともに、寒さが厳しい折、皆さま方にはお体にご留意なさいますようお祈り申し上げます。

○○株式会社
取締役社長 ○○○○
大阪府○○区○○町○—○○
06-111-1111


ポイント
・頭語や前文は省き、まず非礼を詫びます。
・故人と自分との関係を述べてから「ご冥福をお祈りします」と書き添えます。
・故人のご冥福を祈るだけでなく、遺族の方々にも配慮した言葉をつけ加えます。

タグ

一般的な添え文例

パソコンで作った年賀状や年賀のスタンプを押したもののわきなどには、一筆家族の事や心境や決意を伝えたり、相手の安否を尋ねる言葉を書き添えたりすると心のこもった年賀状になります。

ここではそんな添え文の例を数点ご紹介いたします。

●添え文例

■本年も相変わりませずよろしくお願い申し上げます
■本年もよろしくご指導くださいますようお願い申し上げます
■旧年中はたいへんお世話さまになりましてありがとうございました
■皆様おそろいでよい年をお迎えのことでございますよう
■皆様のご健康をお祈りいたします
■今年もなにとぞよろしくおつきあいのほどお願い致します
■ことしもよい年でありますように
■ご多幸をお祈りし本年もご交誼よろしくお願い申し上げます
■ますますのご発展をお祈りしています
■お元気でご活躍をお祈りしています
■ご家族のご多幸をお祈りしたします
■皆さまお健やかに新しい年をお迎えのことをおよろこび申し上げます

タグ

4 / 41234

このページの先頭へ