結婚を知らせる

拝啓

青葉若葉のすがすがしい季節となり、皆様にはいよいよご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、このたび私ども両人、○○ご夫妻のご晩酌により、○月○日に結婚いたしました。

新しい生活を始めることができましたのも、日頃から私どもをご指導下さいました皆様のおかげであると心から感謝申し上げます。

なにぶんにも未熟な私たちではございますが、二人で助け合って明るい家庭を築いていく所存ですので、今後とも一層のご指導とご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

なお、左記住所をささやかな新居といたしました。お近くにお出かけの節は、ぜひお立ち寄りください。

まずは略儀ながら書中をもちまして、お礼かたがたご挨拶を申し上げます。

敬具

タグ

入院見舞い

とり急ぎ申し上げます。

 このたびはご主人様が急なご病気で入院されたと伺い、たいへん驚いております。その後のおかげんはいかがでしょうか。

 日頃からご健康でいらした○○様が、まさかと信じられない思いでした。このところお仕事が忙しかっただけに、無理がたたられたのでございましょうか。奥様はじめご家族の皆様には、さぞご心情のことと存じますが、ご看病のお疲れがでませんようくれぐれもお体にはお気をつけください。

 早速にもお見舞いに参上したいところですが、しばらくは大切な検査が続くとのこと。今はご遠慮申し上げ、落ち着かれた頃にお伺いしたいと存じます。

 一日でも早いご回復をお祈りしつつ、まずは書中にてお見舞い申し上げます。

タグ

このページの先頭へ