喪中の挨拶の書き方のポイント

自分の身内に不幸があった場合

自分の身内に不幸があった場合には翌年の年賀は差し控え、年賀欠礼状を出します。

年賀欠礼状は12月早々に

年賀状をもらう可能性の高い相手には、あらかじめ年賀欠礼のあいさつをだします。理由をつけて、相手が年賀状の準備に取り掛かる前の12月初旬に出しましょう。

相手に不幸があった場合

また、新年までの期間に近親者に亡くなった人がいる場合、喪に服し冥福を祈る意味で、祝い事を失礼します。

返事は年内か松の内を過ぎてから

喪中欠礼のあいさつを頂いた場合の返事は年内か、松の内を過ぎてからだすのが一般的です。年賀状を出したあとで喪中欠礼のあいさつをおらったら松の内を過ぎてから、寒中見舞いとして出し、知らなかったことへのお詫びお悔やみの手紙を出すのがマナーです。

タグ

依頼書・催促書の書き方のポイント

●依頼書・催促書の書き方のポイント

〜依頼の内容に魅力をもたせる〜

依頼書・催促書というのは相手方の意欲を促すのが目的です。ですので、それなりに依頼・招待する物事の内容について、魅力を感じさせるような書き方をすることが必要です。一方的に書いたのでは、相手の反感を買ってしまいます。

●依頼書・催促書の書き方のポイント

〜相手方をたてる〜

依頼書・催促書では、まず相手方の社会的地位や知名度などに尊重したうえで、ぜひ当方の行事や催しに賛同して欲しい旨を強調する書き方をしましょう。

●依頼書・催促書の書き方のポイント

〜任意にまかせる〜

強引な押しつけや、一方的に促すような書き方は禁物です。あくまでも低姿勢で相手方の任意にまかせるような書き方を心がけましょう。

タグ

1 / 512345

このページの先頭へ