結婚記念日(金婚式)のお祝い

拝啓

春暖の候、ご両親にはますますご清祥のことと存じます。

さて、このたび○○様には金婚式をお迎えとのこと、謹んでお慶び申し上げます。

五十年の長きにわたる歳月をともにされ、このたびご両親様おそろいで、お健やかにこのよき日を迎えられたことは、まことにおめでたく、心よりお祝い申し上げます。

幾星霜、おふたりむつまじく年を重ねられたお姿は、私ども夫婦のお手本でございます。おふたりにあやかりたいと、いつも妻と申しております。

何とぞ今後とも、ご健勝にご留意されて、幾久しくおそろいでお年を重ねられますよう、お祈り申し上げます。

ささやかではございますが、別便にて、お祝いの品を送らせていただきました。ご笑納いただければ幸いに存じます。

春とは申せ、朝夕冷えますゆえ、ご自愛専一に願います。

まずは、略儀ながら書中にて、心よりお祝い申し上げます。

敬具

タグ

餞別へのお礼

拝啓 早春の候、皆様にはますますご健勝のことと、およろこび申し上げます。

さて、このたび私の○○支店転任に際しましては、温かいお励ましのお言葉をいただきましたうえ、過分なるお心遣いをたまわり、厚く御礼申し上げます。また、△△支店在勤中は、ひとかたならぬご高配にあずかり、まことにありがとうございました。

おかげさまで、昨日より無事○○支店に着任いたしました。これまでたまわりました課長のご教示、ご指導を胸に、精一杯努力する所存でおります。こちらにお越しの際には、ぜひご一報いただけますようお待ち申しております。

今後ともよろしくご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

末筆ながら奥様にもくれぐれもよろしくお伝えください。

気候の変わり目ゆえ、ご自愛のほど願います。

まずは書中をもちまして、御礼申し上げます。

敬具

タグ

このページの先頭へ