お悔やみ

拝啓

お祖母様ご永眠のお知らせをいただき、誠に驚き入りました。日頃ご壮健であられただけに、今なお信じられない思いであります。

ご家族の皆様の悲しみ、ご落胆はいかばかりかと拝察いたします。ご愁傷のほどお察し申し上げ、心よりお悔やみ申し上げます。

早速お伺いいたしたいのですが、遠方のためご葬儀に参列できそうにありませんので、略儀ながら書中にてご冥福をお祈り申し上げる次第でございます。

ご家族の皆様には一日も早く悲しみを乗り越えられますよう、願っております。

心ばかりのご香料を同封いたしましたので、どうぞご霊前にお供えいただきたく存じます。

まずは書面をもちましてお悔やみ申し上げます。

タグ

身元保証人を依頼する

拝啓

日ごとに春めいてまいりますこの頃、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

さて、突然にて恐縮ですが、長女○○の就職に際し、身元引受人をお引き受け願いたく、筆をとらせていただきました。

現在、○○は東京大学の4回生ですが、このたび○○会社への就職が決まり、四月より勤務することとなりました。入社にあたりまして、都内在住の身元引受人が必要となり、はなはだご迷惑かとは存じますが、謹んで○○様にお願いする次第です。

○○様も○○の性格をご存知と思いますが、万が一にもご迷惑をおかけするようなことはございません。

ご承諾いただけますれば、○○を連れてご挨拶にお伺いする所存です。

書面にて失礼ながら、まずはお願いまで申し上げます。

敬具

タグ

1 / 212

このページの先頭へ