結婚記念日(金婚式)のお祝い

拝啓

春暖の候、ご両親にはますますご清祥のことと存じます。

さて、このたび○○様には金婚式をお迎えとのこと、謹んでお慶び申し上げます。

五十年の長きにわたる歳月をともにされ、このたびご両親様おそろいで、お健やかにこのよき日を迎えられたことは、まことにおめでたく、心よりお祝い申し上げます。

幾星霜、おふたりむつまじく年を重ねられたお姿は、私ども夫婦のお手本でございます。おふたりにあやかりたいと、いつも妻と申しております。

何とぞ今後とも、ご健勝にご留意されて、幾久しくおそろいでお年を重ねられますよう、お祈り申し上げます。

ささやかではございますが、別便にて、お祝いの品を送らせていただきました。ご笑納いただければ幸いに存じます。

春とは申せ、朝夕冷えますゆえ、ご自愛専一に願います。

まずは、略儀ながら書中にて、心よりお祝い申し上げます。

敬具

タグ

金婚式のお祝いへのお礼

拝啓

菊薫る季節となりましたが、皆様には、ますますご健勝のことと存じます。

さて、このたびは、私ども夫婦の金婚式に、結構なお祝いを頂戴し、まことに有難うございました。あまりにもすばらしい金箔漆器ゆえ、使わせていただくのがもったいないほどでございます。いつも変わらぬご厚情に、心より御礼申し上げます。

おかげさまで、私ども夫婦も元気に、揃って結婚五十年を迎えることができました。これもひとえに皆様のおかげと、深く感謝いたしております。

今後とも、よろしくお付き合いのほどをお願い申し上げます。

まずは、略儀ながら御礼まで。

敬具

タグ

3 / 41234

このページの先頭へ