講演の依頼書

拝啓

秋涼の候、○○先生にはますますご隆昌のこととお喜び申し上げます。

突然に一面識もございませんのにお手紙を差し上げる非礼をお許しください。

私どもは、「○○研究会」という団体ですが、このたびこれまでの研究成果をまとめた総会を開催する予定でございます。

つきましては○○の専門家としてご活躍されておられる先生に、総会当日ご講演を賜りたくお願い申し上げる次第です。

日時は先生のご都合を伺ってから決めたいと考えております。

近日中にお電話差し上げますが、何卒ご承諾いただきたく存じます。

まずは書中にてお願い申し上げます。

敬具

タグ

9月の挨拶

9月の慣用句

新涼の候(折、みぎり。以下も同じ)
秋涼の候
初秋の候
新秋の候
清涼の候
白霧の候
孟秋の候
秋冷の候
秋晴の候

9月の書き出しの言葉

残暑お見舞い申し上げます。
九月とはいえ、まだ夏を思わせる暑い毎日です。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
いつまでも暑さが去りやらぬ毎日ですが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。
御池では先日の台風は大事ございませんでしたか。お見舞い申し上げます。
日ごとに秋の色が深まっております。夏の疲れはいかがですか。
秋の夜長の時節となりました。皆様お元気でお過ごしのことと存じます。

9月の結びの言葉

九月とはいえ、残暑が続いております。お気をつけてくださいませ。
さわやかな秋を満喫されますよう、お祈り申し上げます。
皆様の秋が実り深いものになるよう、願っています。
朝夕もめっきり冷え込むようになりました。くれぐれもご自愛ください。
ひと雨ごとに涼しくなってまいりました。風邪などひかれませんよう。

タグ

このページの先頭へ