依頼書・催促書の書き方のポイント

●依頼書・催促書の書き方のポイント

〜依頼の内容に魅力をもたせる〜

依頼書・催促書というのは相手方の意欲を促すのが目的です。ですので、それなりに依頼・招待する物事の内容について、魅力を感じさせるような書き方をすることが必要です。一方的に書いたのでは、相手の反感を買ってしまいます。

●依頼書・催促書の書き方のポイント

〜相手方をたてる〜

依頼書・催促書では、まず相手方の社会的地位や知名度などに尊重したうえで、ぜひ当方の行事や催しに賛同して欲しい旨を強調する書き方をしましょう。

●依頼書・催促書の書き方のポイント

〜任意にまかせる〜

強引な押しつけや、一方的に促すような書き方は禁物です。あくまでも低姿勢で相手方の任意にまかせるような書き方を心がけましょう。

タグ

勧誘を断る

清々しい青葉の季節となりました。

お変わりなくお過ごしのことと思います。

さて、先日勧めていただいた生命保険の件ですが、いろいろと検討した結果、今回は申し訳ありませんが、お断りすることに決めました。

と言いますのは、その保険の一番の特色になっている、寝たきり老人になったときの介護に関してございますが、私もその点に大きな魅力を感じておりましたが、まわりのだれに聞いても、あなたは寝たきりになどなりそうもないと言うのです。実は私自身も老後の不安は多少なりとはありますが、今回のお話をお断りさせていただくことにしました。

いろいろとお手数をかけまして申し訳ございませんでしたが、そんな次第でございます。

まずはご返事まで。

かしこ

タグ

このページの先頭へ