お土産を贈られたお礼

拝啓 仲秋の候、貴兄にはますますお元気にてお過ごしのご様子、何よりと存じます。

さて、このたびは、お心こもるお手紙に、たいへん結構なお土産の品まで頂戴し、まことにありがとうございました。

お手紙を拝察するに、ドイツの旅をたっぷり楽しまれたご様子で、ぜひゆっくりとお話を伺いたいと存じます。

お土産の陶製マグカップも、ずっしりとした感触といい、描かれた絵といい、素晴らしく、これでビールを飲むのがもったいないような逸品なので、サイドボードに飾らせていただいております。

平素よりいろいろなお世話になりながら、かえってこのようなお心遣いをいただき、まことにありがとうございます。

近々、中秋の名月でも眺めながら、ご一献差し上げたいと存じております。その折には、ぜひドイツ旅行のお話などお聞かせ下さい。

末筆ではございますが、どうぞ奥様にもよろしくお伝えください。妻からもくれぐれもよろしくと申しております。

秋冷え日増しに加わります折から、ご自愛のほど願います。

まずは、書中にて御礼申し上げます。

敬具


関連記事

  1. 誕生祝いへのお礼
  2. 初節句のお祝いへのお礼
  3. 喜寿のお祝いへのお礼

タグ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ