頭語と結語

頭語と結語

頭語と結語は正式な手紙には必須。
手紙の中で「拝啓」〜「敬具」といった言葉を最初と最後の部分でよくみかけますよね。
この「拝啓」にあたる言葉のことを頭語、「敬具」にあたる言葉を結語といいます。頭語と結語はきちんとした手紙を書くには必須です。

頭語は、文字通り手紙の最初の部分に書くので「頭語」と呼びます。
頭語のほかに、起語、起首、冒頭語とも呼ばれます。
手紙において「こんにちは」や「ごめんください」にあたる言葉です。

同様に、結語も文字通り手紙の結びの部分で使われるため、「結語」と呼ばれます。結語は手紙の中で「さようなら」にあたる言葉で、頭語に対応した言葉を使うのが一般的です。
頭語と結語は、基本的にペアで使われます。

また、頭語と結語には手紙を出す相手やシチュエーション、
書き手の性別によって様々な頭語・結語の表現方法があります。

例えば、一般的な正式な手紙では拝啓や謹啓、前文省略の手紙では前略といった頭語を用います。そしてそれに対して敬具、謹言、草々といった結語を用います。

下のシチュエーション別、頭語・結語表を参照し、的確な頭語と結語を使ってください。

 

頭語 結語
一般的な手紙 拝啓 拝呈 啓上 拝進
(女)一筆申し上げます
こんにちは
お手紙さし上げます
敬具 拝具
(女)かしこ
ごきげんよう
ごめんくださいませ
丁重な手紙 謹啓 恭敬 粛敬
(女)謹んで申し上げます
謹言 謹白 頓首 敬白
(女)かしこ 可祝
急用の手紙 急啓 急呈 急白
(女)突然で恐縮ですが
取り急ぎ申し上げます
草々 不備 敬具
前文省略の手紙 前略 冠省 略啓
(女)前文お許しくださいませ
前略ごめんくださいませ
草々 不備 不一
(女)かしこ
あらあらかしこ
返事の手紙 拝復 復啓 拝答 拝踊 謹答
(女)お手紙拝見いたしました
お手紙感謝します
懐かしくお手紙拝読いたしました
敬具 拝具 謹言 敬白
(女)かしこ
ご返事まで
初めての人に出す手紙 初めてお便りを差し上げます
突然お手紙を差し上げる失礼をお許しください
まだ拝眉の気を得ておりませんが
(女)初めてお手紙さし上げます
敬具 謹言 拝具
(女)かしこ
再度出す手紙 再啓 再呈 追啓
(女)重ねて申し上げます
たびたび失礼ですが
敬具 拝具
(女)かしこ
 

タグ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ