お悔やみへのお礼

拝復 このたび父の永眠に際しましてはご懇篤なる弔詞を賜り、そのうえ多分のご香典までいただき、ご芳情のほどありがたく厚く御礼申し上げます。

家族一同助け合いながら生きていくことが亡き父に対するせめてもの供養と存じます。

生前からのご厚情を故人に代わりましてお礼申し上げますとともに、今後とも故人同様よろしくご指導ご鞭撻いただきますようお願い申し上げます。

敬具

タグ

身元保証人を依頼する

拝啓

日ごとに春めいてまいりますこの頃、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

さて、突然にて恐縮ですが、長女○○の就職に際し、身元引受人をお引き受け願いたく、筆をとらせていただきました。

現在、○○は東京大学の4回生ですが、このたび○○会社への就職が決まり、四月より勤務することとなりました。入社にあたりまして、都内在住の身元引受人が必要となり、はなはだご迷惑かとは存じますが、謹んで○○様にお願いする次第です。

○○様も○○の性格をご存知と思いますが、万が一にもご迷惑をおかけするようなことはございません。

ご承諾いただけますれば、○○を連れてご挨拶にお伺いする所存です。

書面にて失礼ながら、まずはお願いまで申し上げます。

敬具

タグ

1 / 1212345...10...最後 »

このページの先頭へ