お見舞いの書き方のポイント

●お見舞の手紙の書き方のポイント

~文面に配慮する~

病気の人への見舞い状は、文面に細心の注意を払う必要があります。まず本人の病状や容態などを十分知ったうえで、それにふさわしい見舞いの言葉を選ばなければなりません。また、病人が失意の状態にあるかも知れず、心からの同情と励ましを表現するような手紙の書き方を心がけましょう。

●見舞い状の書き方のポイント

~自分のことは書かない~

見舞い状には、当方の様子や近況などは書かないようにするのがマナーです。つまり、病気で苦しんでいる人よりも当方がよい状態であるのは確かですし、それを読む方は全くよい気がしません。その点を留意して、手紙の書き方を工夫してください。

●見舞い状の書き方のポイント

~挨拶文は省略する~

一般的な手紙で使われる形式的な時候の挨拶などは省略し、冒頭から見舞いの言葉を書き出します。

タグ

祝い状の書き方のポイント

祝い状の書き方ポイント

〜相手の感激が薄れないうちにすぐ書きましょう〜
お祝いの手紙はなんと言ってもタイミングが命です。知らせを聞いたら、とにかく祝福の気持ちを手紙に託しましょう。また、美辞麗句を重ねるよりも、素直に自分の言葉で喜びを表現すると、気持ちが相手に伝わりやすいでしょう。感激を素直に伝えることが重要です。

〜合格祝いや就職祝いには、苦労をねぎらう一文を〜
合格や就職祝いなら、本人の苦労をねぎらう言葉とともに、新しい生活に対するアドバイスも記入してもよいでしょう。両親に宛てるものであれば、これまでの心配や苦労に対する思いやりも示しましょう。また、相手が親しい場合は、子供の頃のエピソードなどを踏まえ、本人の成長を喜ぶ気持ちを伝えてもよいでしょう。

タグ

2 / 3123

このページの先頭へ