餞別へのお礼

拝啓 早春の候、皆様にはますますご健勝のことと、およろこび申し上げます。

さて、このたび私の○○支店転任に際しましては、温かいお励ましのお言葉をいただきましたうえ、過分なるお心遣いをたまわり、厚く御礼申し上げます。また、△△支店在勤中は、ひとかたならぬご高配にあずかり、まことにありがとうございました。

おかげさまで、昨日より無事○○支店に着任いたしました。これまでたまわりました課長のご教示、ご指導を胸に、精一杯努力する所存でおります。こちらにお越しの際には、ぜひご一報いただけますようお待ち申しております。

今後ともよろしくご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

末筆ながら奥様にもくれぐれもよろしくお伝えください。

気候の変わり目ゆえ、ご自愛のほど願います。

まずは書中をもちまして、御礼申し上げます。

敬具

タグ

金婚式のお祝いへのお礼

拝啓

菊薫る季節となりましたが、皆様には、ますますご健勝のことと存じます。

さて、このたびは、私ども夫婦の金婚式に、結構なお祝いを頂戴し、まことに有難うございました。あまりにもすばらしい金箔漆器ゆえ、使わせていただくのがもったいないほどでございます。いつも変わらぬご厚情に、心より御礼申し上げます。

おかげさまで、私ども夫婦も元気に、揃って結婚五十年を迎えることができました。これもひとえに皆様のおかげと、深く感謝いたしております。

今後とも、よろしくお付き合いのほどをお願い申し上げます。

まずは、略儀ながら御礼まで。

敬具

タグ

このページの先頭へ